ドッグフードの選び方

空腹を満たすだけでなく、健康面にも配慮したドッグフードを選ぶことが大切

ペットの健康を考えて選ぶドッグフード

ペットの健康を考えて選ぶドッグフードで重要なのは安心安全な素材、栄養のバランスを考えられているかです。愛犬の健康は気になるところです、病気になってしまうと、高い治療費がかかります。

それ以上に、可愛いペットが病気で苦しむのを見るのはつらいです。愛犬の健康状態を左右するのがドッグフードです。ペットショップに行けばさまざまな種類のドッグフードがあります。

どれも同じように見えますが、それが品質は異なります。メーカや値段によって特長は様々です。

最近ペットでも注目されているものとして、食物アレルギーの存在があります。人間のアレルギー患者が多くなっているのは、周知の事実ですが、動物にもアレルギーが存在します。

特に食べ物が原因で起きるアレルギーが知られているようです。それも、粗悪な原料を用いたり、添加物が大量にふくまれていたり、農薬をたくさん用いた穀物が利用されていたりするペットフードが原因となっていることが多いようです。

そうした、ペットの食べ物に気を使う人におすすめなのが、「ナチュラルドッグフード」です。SAI GLOBALという国際規格の認定証があり信頼できるイギリスのペットフードメーカが製造しています。

「ナチュラルドッグフード」は、その名前の通り自然に近い形のドッグフードで、ラム肉、玄米、全粒オーツ麦、全粒大麦といった主原料を用いています。ラム肉は、アレルギー反応が比較的少ないお肉を使用しています。

また、犬の皮膚のケアを考えて、亜麻仁や海藻を原材料に含んでいます。ミネラルやビタミンが豊富です。何よりも、添加剤、香料、着色料が使われていないのが安心です。

愛犬の健康のために、「ナチュラルドッグフード」の使用を考えてみてはいかがでしょうか。

犬のことを考えたドッグフード

犬の食いつきがいいということで、人気があるのがナチュラルドッグフードです。このドッグフードは、イギリスのドッグフードメーカーが製造していて、国際規格に合格しているお墨付きがあります。

ナチュラルドッグフードは、犬の事を考えたドッグフードといえますが、それは、犬の食いつきがいいことからも分かります。主原料がラム肉ということで、動物性のたんぱく質に富んでおり、犬が本来喜ぶ味となっています。

おいしさ的にいうと、ドライドッグフードでなく、缶詰のほうが自然の肉に近いので、犬も喜ぶのは当然ですが、基本的なえさとしては、ドライドッグフードで十分です。ナチュラルドッグフードは、ドライでありながら、缶詰に近い食いつきぶりを見せてくれます。

また、ナチュラルドッグフードは、犬の健康面を考慮されているということで、犬の事を考えたドッグフードです。玄米や全粒大麦また、オーツさらにテンサイといった穀物や野菜をふんだんに用いています。

野菜とハーブでミネラルとビタミンを満たしていて、無添加ドッグフードということです。愛犬の健康の為には、良いドッグフードを選ぶことが必要です。